突然の抜け毛は病気かも?脱毛症の種類と症状

一般的な薄毛というと、徐々に髪の毛が少なくなっていきます。
年齢とともに頭頂部が寂しくなり、最終的にはツルツルになってしまう感じです。

薄毛の進行ペースに個人差はありますが、基本的には緩やかに抜け毛が増えていきます。
しかし、なかには急激な抜け毛が生じるケースもあります。

これは、いわゆる円形脱毛症などに代表されるやや病的な症状です。
手ぐしで束のような抜け毛があったり、シャンプーで大量の抜け毛が見られる場合は脱毛症のおそれがあります。

もし、このような症状が見られた場合は、病院の診察を受けた方が良いでしょう。
抜け毛の原因を診療で特定して、適切な治療を受けることで症状を改善できます。

そのため円形脱毛症などに悩まされているなら、病院の診療を受ける方がスムーズな改善に繋がります。
専用の治療薬も処方してもらえますので、急な抜け毛で悩んでいる場合は迷わず病院へ行きましょう。

様々な薄毛症状について

病院で治療するべき脱毛症は様々です。
そこで、それぞれの症状について解説してみましょう。

円形脱毛症

様々な要因で引き起こされる脱毛症。医学的には自己免疫疾患に分類される。治療法は精神的ケアや育毛剤の処方など。

炎症性脱毛症

頭皮の皮膚炎が原因になっている脱毛症。パーマ液やシャンプーの洗い残しで頭皮が荒れることも原因のひとつ。強いかゆみや大量のふけが伴う場合は脂漏性脱毛症のおそれも。頭皮の皮膚炎が治癒すれば髪の毛も元に戻る。

外傷性脱毛症

頭皮への負担やダメージによる脱毛症。ヘルメットを被り続けて頭皮を圧迫してる人も注意。頭皮のダメージが回復すると抜け毛も収まる場合が多い。

代謝障害や栄養障害による脱毛症

過度のダイエットや栄養不足による脱毛症。医学的な治療はほとんど必要なく、しっかりと栄養を摂れば抜け毛も治る。

薬剤性脱毛症

服用している薬剤の副作用で起こる脱毛症。原因となる服用を中止すれば抜け毛は収まる。

このように、同じ脱毛症でも原因や治療法はそれぞれ異なります。
急な抜け毛が生じたら、すみやかに病院の診察を受けるようにしましょう。

その他の記事