季節によって抜け毛が増える?ヘアサイクルを把握しよう!

哺乳類の特徴として、季節に応じた体毛の生え変わりがあります。
犬や猫を飼っている人なら、季節ごとの毛変わりが良く分かるでしょう。

人間も例外ではなく、季節に応じた抜け毛があります。
とは言え、人間は気候に合わせた毛変わりをするわけではなく、犬や猫のように急激に抜けることはありません。

特に髪の毛は脳を守る大事な保護機能ですから、季節の変わり目で一気に抜けてしまったら支障をきたしてしまいます。

さて、人間の抜け毛が増える季節ですが、一般的には春と秋と言われています。
夏や冬の寒暖の差に備えるため、自律神経が抜け毛をコントールしていると思えば良いでしょう。

つまり、春や秋に少し抜け毛が増えたとしても、自然現象ですので心配はいりません。
ただし、抜け毛の量ではなく状態を確認することは必要です。

抜け毛の状態でヘアサイクルが分かる

まず、自分の抜け毛をしっかり眺めてみてください。
調べる抜け毛はお風呂の排水溝や寝起きの枕で構いませんので、いくつか手にとって比べてみましょう。

そこで注意して欲しいのが、抜け毛の量ではなく状態についてです。
どんな抜け毛が多いのか見極めることによって、ヘアサイクルを把握することができます。

正常な抜け毛なら、太さや長さがあって毛根もしっかりしています。

しっかりした毛が抜けているのはもったいなく感じるかもしれませんが、役目を終えた髪の毛が抜けているので問題ありません。

逆に細くて短い抜け毛が目立つようなら危険信号です。
細くて短い毛というのは、まだ育ちきらずに抜けてしまった可能性が高くなります。

つまり「成長期を迎えたばかりの髪の毛が抜ける」という、ヘアサイクルの乱れが生じているわけです。

ヘアサイクルが乱れていると髪の毛の成長よりも抜け毛の方が早くなり、薄毛症状が進行してしまいます。
ざっくばらんに言えば、ハゲへのカウントダウンが着実に始まっているのです。

抜け毛を見るとついつい本数が気になってしまいますが、それよりも抜け毛の状態をチェックすることをオススメします。

ヘアサイクルの乱れは薄毛の天敵ですから、早めに兆候を掴んでおきましょう。

その他の記事