男性の抜け毛の原因ベスト3はずばりコレ!

「いろいろ対策しても抜け毛が減らない・・・」という人は、原因と対策がフィットしていないのかもしれません。
実際に管理人もなかなか抜け毛が減らずに焦っていたタイプです。

そこで、抜け毛の原因を調べてみると、意外にも毎日の生活の中に原因が潜んでいました。
なかでも、日常生活に密着している抜け毛の原因をベスト3形式で紹介していきましょう!

第3位「運動不足」

運動不足と抜け毛は関係が無さそうですが、実は大きくかかわっています。
その理由は、発毛に血行促進は必須だからです。
したがって、普段から運動不足がちだと全身の血流が悪くなり発毛も鈍ってしまいます。

もし、運動不足を自覚するようなら、少しでも体を動かす習慣をつけておきましょう。
身体を動かすことによって血行も良くなり、自然と抜け毛の原因も解消されます。

管理人もそうなのですが、歳を取れば取るほど運動不足になりがちです。
毎日の仕事で疲れているのに、そのうえ運動する時間を作るのは難しいからです。
そこで、管理人は少しずつ歩く距離を増やしてみました。

帰り道のバスを歩きにしたり、エスカレーターではなく階段を使ったり、という程度ですが、少しは運動不足解消に役立っています。

今では、休日の朝にウォーキングするほど、運動に身体が慣れてきました。
いきなりガッツリ運動する必要はありませんので、身近なところからコツコツ取り入れていきましょう。

第2位「食生活の乱れ」

これは抜け毛の原因としては有名です。
脂っこい食事やインスタント食品ばかりだと、抜け毛が増えてしまいます。
また、栄養が偏ってしまいますので、毛根に必要な栄養素も行き渡りません。

管理人も若い頃は脂っこいものが大好きでした。
1週間毎日焼肉とラーメンだけで過ごしたこともあるほどです。

好きな物だけ食べるのはストレス解消にもなって良いのですが、頭皮に負担を掛けてしまうのではよろしくありません。

特に外食やコンビニなど、脂っこい食事が続くと血行を悪くしてしまいます。
(外食やコンビニと薄毛の関係はこちらをご覧ください→「外食やコンビニばかりだとハゲる?」)

頭皮が髪の毛を生やすためには活発な血流が欠かせませんから、血管を詰まらせてしまう高コレステロール食は避けるべきです。

管理人は妻に頼んで和食派になりましたが、慣れたせいか和食が美味しく感じます。
むしろ、以前のこってり食がしつこく感じるくらいです。

食事制限をするほど厳密な栄養管理は必要ありませんが、血行を悪くしてしまうような高コレステロール食は控えるようにしましょう。

そして抜け毛の原因「第1位」は・・・

ズバリ抜け毛の原因「第1位」は睡眠不足です。
日常生活における原因の大きなウエイトを占めていると言っても過言ではありません。

「仕事で忙しい・・・」「残業で生活リズムが不規則に・・・」などなど、現代社会で働いている人なら、誰もが睡眠に関する悩みを抱えているハズです。

むしろ、社会に出ているのに規則正しく安眠している人なんていないでしょう。

管理人も同じです。
変な時間に寝たうえで変な時間に起きて、常に眠いとつぶやいています。
どんなに眠くても仕事に行かなくてはいけないので仕方ありません。

しかし、この不規則な睡眠時間や睡眠不足は毛根に大きなダメージを与えています。
人間の身体は寝ている間にメンテナンスされるのですが、重要な器官から行われるのが特徴です。

つまり、睡眠時間が短いと重要な器官のメンテナンスのみで終わってしまい、毛根のメンテナンスまで行き渡りません。
そのため、睡眠不足の人ほど薄毛になると言われています。

さらに重視したいのが、髪の毛の育つ時間帯にしっかり寝ているかどうかです。
髪の毛が育つのは22時〜翌2時の間です。

このゴールデンタイムに睡眠をとることによって、毛根をしっかりと働かせることができます。

管理人はこのことを知ってから、22時には寝るようにしました。
最初は寝付けずにダラダラしていましたが、今では22時に寝る習慣が身体に染み付いています。

睡眠不足をすぐに解消することは難しいでしょうが、せめて22時〜翌2時のゴールデンタイムは睡眠をとれるように生活習慣を見直しましょう。

その他の記事