理想の育毛メニューを考えてみた

かつては男性が料理するというとちょっと軟弱に見られたものですが、最近では料理する男性も珍しくありませんね。
テレビ番組などでも男性芸能人が料理の腕をさかんに披露しています。
有名なのはオリーブオイラーのもこみちくんですが、管理人的には梅宮辰夫アニキを目指したいところ。
しかし、管理人の料理の腕は素人中の素人・・・というより今までの人生で料理をしてきたことがありませんでした。
唯一の料理体験は小学校の頃の家庭科授業くらいでしょうか。

そんな管理人でも簡単に作れる育毛レシピをご紹介してみます。
なるべく「切る・焼く・煮る」の手順を減らし、時間を掛けずに作れるものを選んでみました。
「豪快!男料理」と言えば聞こえはイイですが、要は「手抜き料理」に近いので過度な期待はしないでください(笑)

○手軽に作れる!飲める!「豆乳黒ゴマバナナジュース」

▲材料

豆乳・・・コップ1杯くらい

バナナ・・・1本

黒ゴマ・・・スプーン1〜2杯

きな粉・・・スプーン1〜2杯

▲手順

材料をミキサーに入れる

混ぜる

完成

材料を揃えて混ぜるだけの簡単ドリンクです。
それぞれの材料の配分も、あまり神経質に計らなくてもだいたいで構いません。
ただし、黒ゴマときな粉は入れすぎると口当たりが粉っぽくなってしまいますので、多くてもスプーン1杯程度に留めておきましょう。

このドリンクのポイントは、大豆由来の良質なたんぱく質が豆乳ときな粉の両方から摂れることです。
さらにビタミンB、E、亜鉛、カルシウムも含んでいます。
バナナからはカリウムなどのミネラル、黒ゴマからは抗酸化作用も得られます。
これだけ多くの栄養素を含みながらローカロリーというのも魅力ですね。

簡単で美味しいレシピですが、ミキサーを洗うのが面倒なのが唯一の欠点です。
慣れれば大した手間ではありませんが、最初のうちはミキサーの片付けがネックになるかもしれませんね。

○食欲減退にも効果アリ!「ワカメ納豆丼」

▲材料

納豆・・・1パック

ワカメ・・・ひとつかみ

ごはん・・・丼7分目くらい

▲手順

ワカメと納豆を混ぜる

ごはんにかける

完成

これも混ぜるだけの簡単料理です。
味付けも納豆に付いているタレで済みますから、用意するものはほとんどありません。
好みに応じてネギやオクラを入れてみるのも良いですね。
ツルツルとした口当たりなので、食欲が無い時でもお茶漬け感覚で手軽に食べられます。

含んでいる栄養素も豊富で、納豆からは植物性たんぱく質や各種ビタミンを摂取できます。
ワカメからはミネラルやヨードなど、髪の毛に必要な栄養素を補充できるのも良いですね。
納豆が苦手な人には向いていないレシピですが、問題なければ試してみましょう。

○おかずのもう一品に!「ほうれん草とひじきのサラダ」

▲材料

ほうれん草・・・1束

乾燥ひじき・・・3つかみくらい

ごまドレッシング・・・適量

▲手順

ほうれん草を茹でる

乾燥ひじきを水で戻す

ごまドレッシングと混ぜる

完成

これまた混ぜるだけという簡単レシピです。
管理人はごまドレッシングと野菜をあらかじめ混ぜておく方が、味が野菜に沁みわたっていて好みですね。
野菜が二種類だけで味気ないという人は、ツナやキャベツを足してみると良いでしょう。
味付けもごまドレッシングではなく、マヨネーズや和風ドレッシングにしても良く合います。

ひじきにはビタミンA、カルシウム、鉄分が豊富で身体に欠かせない栄養素を補給できます。
ほうれん草はベータカロチン、ビタミンC、鉄分を含んでおり、これらも健康な身体作りには必須です。
簡単に作れるサラダなので、晩ご飯のプラス一品にもピッタリですよ。

管理人が日ごろ作っている育毛レシピはこんな感じです。
どれも簡単なレシピなので、料理が苦手な人でも取り入れられるでしょう。
欲を言えばもう少し料理が上手くなって、いろんなレシピを実践したいものです。
管理人の料理の腕が上がれば、衝撃の続編があるかもしれません(笑)

その他の記事