正しく使わないと意味がない!よくわかる育毛剤の選び方

世間には様々な「育毛剤」が出回っています。
しかし、裏ラベルの表記はバラバラで、なかには「発毛剤」や「養毛剤」と表記されているものもあります。

このようにいくつも表記が分かれていると、「育毛剤と発毛剤のどっちが効くの?」と悩んでしまいますね。

響きだけで考えてみると「発毛剤」の方が効きそうですが、果たして本当に効果が高いのはどれなのでしょうか?
そこで、育毛剤の表記の違いについて解説してみましょう!

結論から先に言ってしまえば、「育毛剤・発毛剤・養毛剤」の違いはほとんどありません。

どれも使用目的は毛髪を育てることですので、自分の気になったものを選べば良いでしょう。

ではなぜ表記が異なっているかと言うと、それぞれの効果やリスクの大小に応じてメーカーが商品区分を変えているからです。
つまり、育毛剤の効果やリスクをユーザーへ伝わりやすくしているわけですね。

そして、この区分にはある程度のルールがあります。
厳密に全ての育毛剤が当てはまるわけではありませんが、一般的に流通しているものなら大抵は合致すると考えて良いでしょう。

具体的な育毛剤の区分として使用されているのは以下の通りです。

  • 発毛剤⇒医薬品
  • 育毛剤⇒医薬部外品
  • 養毛剤⇒化粧品

この区分はあくまでも一般的なもので例外もあります。
例えば、世界のどこかには発毛剤表記の化粧品もあるかもしれません。

しかし、日本で流通しているいわゆる育毛剤のほとんどは、この区分に当てはまっていると考えて問題ないでしょう。

では、「医薬品の発毛剤」が一番毛が生えるかというと、そうとは限りません。
管理人が肌で実感した結論だと、必ずしも「医薬品の発毛剤」が万能とは言えないからです。

その理由としては、「医薬品の発毛剤」には副作用や頭皮へのダメージが少なからずあるためです。
髪の毛を生やしたいのに、頭皮に負担が掛かってしまうのでは逆効果になってしまいます。

そのため、効果とリスクの大小をキチンと検証してから、ユーザーが自分にマッチする育毛剤を選ぶべきです。

世間では「医薬品育毛剤=最高の発毛効果」みたいな風潮がありますが、自分の肌質に合ったものを選ばなければ効率的な薄毛対策にはなりません。
特に副作用報告の多い医薬品育毛剤は、安易な使用は避ける方が賢明です。

これらの検証結果から得られた結論として、効果が弱すぎる化粧品は論外、副作用が怖い医薬品はパス、ということで医薬部外品に落ちつきました。

管理人は敏感肌ということもあり、副作用が少ない医薬部外品はベストチョイスだったと思います。
頭皮へのダメージを心配せずに済みますし、その一方で医薬品に迫る育毛効果が得られたからです。

本当は医薬品でバリバリ育毛してみたかった気持ちもありましたが、効果とリスクのバランスを考えてみると医薬部外品は適切な判断でした。

このように育毛剤の選び方は、薄毛対策の行方を左右するほど重要です。
気になる育毛剤の効果やリスクを計るためにも、それぞれの違いをチェックしておきましょう。

医薬品・医薬部外品・化粧品はどう違う?

育毛剤選びで気になるのは「医薬品・医薬部外品・化粧品」の違いです。
某巨大掲示板でも話題になっており、「医薬品以外は生えない」「医薬部外品でも抜け毛が減った」など、盛んに論議されています。

管理人も情報収集を兼ねて良く眺めていますが、医薬品派と医薬部外品派の争いは興味深くて見入ってしまいますね(笑)

さて、育毛剤の区分に関するイメージですが、

  • 医薬品「効果が高い」
  • 医薬部外品「やや劣るが効果あり」
  • 化粧品「効果は期待できない」

一般的に言われているのはこんな感じです。

これをさらに言い換えてみると、

  • 「本気で毛を生やしたいなら医薬品」
  • 「副作用のリスクを避けながら育毛するなら医薬部外品」
  • 「育毛効果よりも頭皮ケア優先なら化粧品」

となります。

こうして見ると分かるとおり、それぞれ効果とリスクについてのイメージが異なっています。
ざっくばらんに言ってしまえば、効果が高くなればなるほど相応のリスクが生じる感じです。

管理人も育毛剤の違いについては、このイメージどおりです。
正確に言えば、かつてはこのイメージだったというべきでしょうか。

と言うのも、「医薬品ならすぐにフサフサでハゲ克服!」みたいなイメージでしたが、やはりそうは上手くいきませんでした。
やはり医薬品には副作用のリスクがあり、毛が生える前に頭皮にダメージが生じてしまうからです。

これはあくまでも管理人の体験談であり全ての人に当てはまるわけではありませんが、それぞれの違いやリスクの有無は把握しておくべきですね。

そこで、医薬品・医薬部外品・化粧品の違いが分かりやすくなるように表でまとめてみました。

見込める効果が低くなるにつれて、リスクも順当に小さくなっていきます。
だからこそ、「育毛効果最優先なら医薬品がベスト!」という意見が世間へ浸透していくのでしょう。

しかし、リスクを無視してまで医薬品を選ぶのは考えものです。
管理人のような敏感肌だと、医薬品の効果よりもリスクの方が大きく表れてしまいます。

医薬品育毛剤のCMが「用法と用量を守ってお使いください」というように注意喚起しているのは、全ての人に効果があるとは限らない警告のようなものです。

医薬品の効果の高さは確かに魅力的ですが、頭皮との相性が悪ければ意味がありません。
まずは、自分の頭皮に合った育毛剤選びを心がけましょう。

その他の記事