根気さえあれば育毛剤で薄毛は克服できる!

こんにちは、このサイトを運営している育毛歴10年のベテラン戦士です。
このサイトは、管理人が今までに試した多数の育毛剤の評価と、育毛に関する色々なアドバイスをまとめたものです。

管理人が薄毛を自覚したのは、まだ20代半ばの頃でした。
その当時は「あれ?つむじが目立つな?まぁいっか・・・」で済ませてしまいました。

今思えば、この時から頭頂部の薄毛が進行し始めていたのですが、管理人は深く考えることなく放置していたわけです。

その結果、20代後半になった頃には、かなり頭頂部の薄毛が目立つようになってしまいました・・・。
遅ればせながら育毛をはじめたのもこの頃で、相当な危機感を感じていました。

その後、30代を迎えてからは育毛漬けの毎日です。

様々な育毛剤を試しながらも、一向に生えてこない髪の毛と、増えていく抜け毛に脅えながら過ごす日々は、今思い出しても寒気を感じます。

この間に使った育毛剤は数十種類に及び、かなりの金額を投資してきました。


(今まで使った育毛剤の一部)

こうして現在に至るわけですが、いまだに薄毛を完全に克服したわけではありません。
しかし、ようやく自分に合ったおすすめの育毛剤を見つけたので、状況は好転しつつあります。

苦節10年を経て、自分の進むべき道を見つけた管理人ですが、やるべき事や取り入れたい要素はまだまだ山積みです。

そこで、自分に残っている今後の課題をハッキリさせるためと、同じく薄毛で悩んでいる人の参考になるように、このサイトを作ってみました。

もしこのサイトが、管理人のようにハゲで苦しんできた人を減らしてくれれば幸いです。

特にこれから育毛を考えている若い世代の人は、管理人を反面教師にして、できるだけ早めに薄毛対策を取り入れて欲しいと思います。

どれだけ早く育毛対策をはじめるかで、その後の命運がハッキリ分かれるからです。

育毛対策はとにかく早めに取り組むことが大事!

管理人が今までの育毛生活を振り返ってみて、最も後悔していることは「何でもっと早く育毛対策に取り組まなかったのか?」という点です。

10代の頃ならまだしも、20代を折り返した時にはもう薄毛の兆候はあったのですから、いち早く育毛に取り組むべきでした。

では、なぜ当時の管理人が育毛に取り組まなかったかと言うと、「薄くなった気がするけどまだ大丈夫。」とか「30代になってから育毛すればイイだろう。」みたいな根拠に乏しい自己判断でごまかしていたわけです。

これは本当に良くありませんでした・・・。
もっと早く育毛に取り組んでいれば、もっと違った結果になっていたかもしれません。

そこで、これから育毛を考えている人に管理人から伝えたいのは「逃げずに現実を直視するべき!」という一点です。

20代の管理人は「自分がハゲ始めている」という現実を受け入れたくないからこそ、育毛に対して消極的でした。

良く言えば楽観的に考えていたわけですが、現実というのは残酷で減りはじめた髪の毛は決して待ってはくれません。

誤解を恐れずに言ってしまえば、一度減りはじめた髪の毛は本人の意思とは裏腹にどんどん抜けてしまうのです。

なかには一時的な抜け毛のみで持ち直す人もいるかもしれませんが、大抵の人は薄毛の兆候が現れればハゲへのカウントダウンが始まっているのと同じです。

つまり、自分の抜け毛に対してはシビアになるべきで、少しでも薄毛の不安を感じるようなら即行動をするべきです。(これは女性でも同じです。育毛剤の中には女性でも使えるものがあります)

特に育毛剤は若いうちから使うほど効果が高く、抜け毛防止にも役立つのでおすすめです。

さらに、若い頃から長い期間使うことによって、中年期に差し掛かってからの薄毛の進行を食い止める効果も期待できます。

これを読んでいる人の中には「自分はまだ大丈夫」という人もいるかもしれませんが、ちょっとでも髪の毛に不安があるなら妥協や油断は禁物です。

40代を迎えようとしている管理人の実体験に基づくアドバイスですから、信憑性という点では間違い無いからです(笑)

管理人のように歳を重ねてから後悔しないためにも、薄毛の兆候を感じたらいち早く育毛剤を検討してみてください!

管理人が実際に試して良かった育毛剤ベスト20

シャンプーに対するコダワリはあるのか?

最近は「抜け毛対策=シャンプー選び」みたいな風潮が強くなったように感じます。
確かに抜け毛とシャンプーは密接な関係がありますが、市販のシャンプーが抜け毛の元凶みたいな考え方には賛同できません。

なぜなら、高い育毛シャンプーを使っても髪の毛が生えるわけでは無いからです。
例えば、昨今の風潮では「育毛シャンプーで頭皮環境を整えてから育毛剤を使うと効果アップ!」みたいな触れ込みになっています。

これは間違ってはいませんが、育毛シャンプー以外では頭皮環境は整えられないのでしょうか?

答えはもちろんノーです。
市販の安いシャンプーでも正しく使えば、育毛剤の効果を高める頭皮環境を実現できます。

逆に考えれば、どんなに高い育毛シャンプーを使っていても、いい加減な洗い方では全く意味がありません。

ただし、育毛シャンプーは配合成分の信頼度に優れています。

安いシャンプーにありがちな頭皮に負担が掛かる成分を配合していませんので、敏感肌に悩んでいるなら育毛シャンプーを取り入れる価値はあるでしょう。

詳しくは、「安いシャンプーがハゲるのは本当なの?」のページでまとめているので参考にしてください。

また、育毛シャンプー自体に髪の毛を生やす効果が無いこともマイナスポイントです。

あくまでも育毛剤の働きをサポートするものですから、育毛シャンプー単体だけ使っていても薄毛対策にはなりません。

こうして見ると分かるとおり、育毛シャンプーはいわゆるモアベターアイテムです。
あればなお良し程度ですから、無理して育毛シャンプーを購入する必要はありません。

もし予算の都合で育毛剤と育毛シャンプーのどちらかしか購入できないなら、迷わず育毛剤を選ぶようにしましょう。

育毛サプリメントは必要なのか?

育毛シャンプーはモアベターなアイテムですが、育毛サプリはどうなんでしょうか?

結論から言ってしまえば、人によってはややマスト寄りなアイテムと言えるでしょう。
というのも、食生活が乱れていると育毛に必要な栄養が不足してしまうからです。

そのため、普段の食生活がコンビニや外食に依存している人は、髪の毛の成長に必要な栄養を育毛サプリで賄うべきです。

しかし、育毛サプリを摂取していても万能ではありませんから、根本的に食生活を見直すことが必要になります。

周知の通り、髪の毛が生えるためにはバランスの良い食事が欠かせません。
したがって、長い目で見れば食事内容というのは最も薄毛対策に影響します。

管理人もそうでしたが、これはなかなか難しい問題で簡単に解消できるものではありません。
仕事で忙しいと自炊は面倒ですし、一人暮らしだとなおさら食事に気を使う余裕も無いでしょう。

それに大人になると誰にも叱られないので、どうしても自分の好きなものばかり食べてしまいます。

このような問題は所帯を持つことである程度解消されますが、簡単に結婚できるとは限らないので即効性のある解決法ではありませんね。

そこで管理人がおすすめするのは「育毛サプリのサポートを取り入れつつ食生活改善を目指す」というアプローチです。

いきなり健康的な食生活に切り替えようとしても、やっぱり無理が生じてしまいます。
むしろ禁欲生活みたいな食事が続くと長続きしませんし、溜まったストレスの反動で暴飲暴食に奔ってしまう可能性もあります。

そのため、育毛サプリで足りない栄養素をカバーしながら、普段の食生活を少しずつ見直してみましょう。

自分にとって負担に感じないペースで食生活を直すことがポイントですから、焦らず気長に取り組んでみてください!

発毛剤(AGA治療)をするべきかどうかの判断は…?

近ごろ薄毛対策の本命として注目されているのがAGA治療です。
病院やクリニックで医薬品発毛剤を処方してもらえるので、市販の育毛剤よりも高い効果が得られると言われています。

管理人も検討したことはありますが、現状ではAGA治療の実施に踏み切っていません。
その理由は、やはり医薬品の副作用が気になるからです。

医師による説明では副作用の不安が少ないとされていますが、医薬品である以上は身体的なリスクが付き物です。

しかも、使用者の体質によっては重篤な副作用の危険性もあります。
もちろん投薬前の診察はありますが、必ずしも安全を保証してくれるわけではありません。

このように副作用のリスクがチラついてしまうので、医薬品によるAGA治療は勇気が要りますね。

ただし、市販の育毛剤で全く効果が感じられないなら、最後に行き着くのはAGA治療だと思います。
特に高齢で薄毛が進行している人の場合は、AGA治療以外の選択肢では効果を実感できないでしょう。

しかし、AGA治療はいわゆる奥の手ですから、若いうちから安易に手を出すのはおすすめしません。

なかでも、安価に販売されている海外製ジェネリックは注意が必要です。

AGA治療薬のジェネリックは海外製しか存在しないため、個人輸入で購入することになります。
個人輸入と言っても難しいことは何ひとつ無く、最近ではネットで簡単に注文できます。

これが落とし穴となっていて、偽物を掴まされたり手元に届かなかったりなどのトラブルが多発しているので、もし購入を検討している人がいたら、こちらのページも参考にして、慎重に考えてみて下さい。

→「海外製ジェネリックには危険がイッパイ?個人輸入の落とし穴

また、実際に届いたAGA治療薬が本物かどうか判断が付かないのも問題点です。
発送元の国名が不明瞭な業者もあるほどなので、到着した薬の配合成分は無保証みたいなものです。

あまりにも疑心暗鬼になってしまうのは考えものですが、万全を期すなら個人輸入は控えた方が賢明でしょう。

医薬品によるAGA治療はあまりおすすめできませんが、もし取り入れたい場合は必ず病院やクリニックの診断を受けるようにしてください。

根気が最重要!育毛対策は最低でも半年で考えて

育毛を10年続けてきた管理人が達した真理とは「育毛は根気」です。

どんなに優れた育毛剤を使ったとしても、数週間程度では効果は実感できません。
なかには使ってすぐに生える人もいるのかもしれませんが、ほとんどの人は髪の毛の成長を実感できないでしょう。

そのため、生えない焦りから育毛剤の効果を疑ってしまいがちです。
管理人もそうでしたが「髪が生えないのは育毛剤のせい」と決めつけてしまうわけですね。

そして次から次へと育毛剤を試すようになると、余計に効果が現れにくくなって負のスパイラルに陥ってしまいます。

ハッキリ言って、これでは薄毛対策にはなりません。
本当に髪の毛を生やしたいなら、自分が選んだ育毛剤に自信を持って気長に使い続けてみるべきです。

最低でも半年は使ってみてそれでも効果が実感できないなら、他の育毛剤を視野に入れてみましょう。

「継続は力なり」とは良く言ったもので、育毛もある程度の期間は継続することが肝心です。

効果が目に見えないと心が折れそうになるかと思いますが、そこを乗り越えてこそ育毛は成就するものだと心しておきましょう。

とにかく大切なのは「続ける根気」ですから、結論を急がずに頑張ってみてください。

その他の記事